ArrowArrow
Slider

所在地: 岡山県岡山市北区
主要用途: 事務所
工事種別: 新築
延床面積: 200.00㎡
階数: 地上1階
構造: RC造、一部鉄骨造
竣工年: 2016

 

Location: Kita-ku, Okayama-shi, Okayama prefecture
Principal use: office
Construction type: newly-built
Total floor area: 200.00㎡
Number of stories: 1 story
Structure: reinforced concrete, partly steel flame
Year: 2016

 

株式会社アクアプランニング

システムや社会ニーズの変化に伴い、企業の在り方もその変化についていかなければ生き残りを果たせない。しかし、断固とした精神なくして、企業として変化していく推進力も望めない。そんな時代において、オフィス環境には柔軟かつ安定したデザインが求められる。

コンクリートの壁は、RC構造柱の間をコンクリートで繋ぐことで壁となっている。つまり、壁のように見える柱である。構造体である2枚のコンクリートの壁は、この建築の屋台骨であり、企業の強固な精神を表す。また、並行にそびえ立つ2枚のコンクリートの壁の間に橋渡しするように大梁を架けることで、無柱空間を実現させた。

内部空間は、執務をメインとした事務所機能を展開するために、現在はオフィスランドスケープに構成されているが、ひとたび環境の変化を要求されても、比較的自由にプラン変更が展開でき、柔軟に対応できるものとなっている。

 

Along with changes in social needs and systems, companies could not survive unless they follow the change. However, without determined principle, company could not push forward to change. In this age, flexible and stable design is required for office environment.

Concrete walls were made by filling concrete between RC structural columns. In other words, it is structural pillar that looks like a wall. The two concrete walls of structures are the backbone of this architecture and represent the determined principle of the company. In addition, by installing girders so as to bridge between the two concrete walls rising in parallel, a columnless space was realized.

The interior space is currently organized as office landscape in order to satisfy functions mainly for office work. Even if a change of the environment is required, interior landscape can follow the change freely and flexibly.