ArrowArrow
Slider

所在地: 香川県高松市
主要用途: 専用住宅
工事種別: 新築
延床面積: 176.17㎡
階数: 地上2階
構造: 鉄骨造
竣工年: 2005

 

Location: Takamatsu-shi, Kagawa Prefecture
Principal use: house
Construction type: newly-built
Total floor area: 176.17㎡
Number of stories: 2 stories
Structure: steel flame
Year: 2005

 

 

クライアントは植物の種や流木を素材にする芸術家で、自然収集家とも言えるほど多岐にわたり植物を収集している。特にバナナやマンゴーなどの亜熱帯植物をビニール温室で育てていたほどの本格派だ。この住宅は、そうした自然収集家の住まいとしてのコンサバトリー(温室)である。

プランは庭、住宅、温室、アトリエの4層からなり、アトリエと住宅、住宅と庭のバッファゾーンとして温室(コンサバトリー)を位置付けている。コンサバトリーの温湿度環境は、温室効果と煙突効果を使いながら、手動で風道を確保することでコントロールできる。温湿度のコントロールも生活の一部として楽しむ提案となっている。

 

The client is an artist using botanical seeds and driftwood. He collects various plants as a natural collector. He is a fully conversant with plants so he cultivated subtropical plants such as banana and mango in plastic greenhouse.

I proposed “CONSERVATORY” as a house of a natural collector.

The plan is composed of four layers; garden, house, conservatory and atelier. The conservatory is positioned as a buffer zone between atelier and house, house and garden.

The temperature-and-relative-humidity of the conservatory environment is controllable by securing wind manually, using the greenhouse effect and a stack effect. I also proposed enjoying control the temperature-and-relative-humidity as a part of the life at there.