ArrowArrow
Slider

所在地: 香川県高松市
主要用途: 診療所
工事種別: 新築
延床面積: 299.86㎡
階数: 地上2階
構造: 鉄骨造
竣工年: 2012

 

Location: Takamatsu-shi, Kagawa prefecture
Principal use: clinic
Construction type: newly-built
Total floor area: 299.86㎡
Number of stories: 2 stories
Structure: steel flame
Year: 2012

 

牛山クリニック

建築がいつの頃からか装飾を脱ぎ捨て、白い箱に修練されている。デコレーションすることにも罪を感じるようになってしまった。ポストモダンとデコンストラクションの後遺症がまだ残っている。表現に意味の無いものはキッチュとされるが、意味があってもその意味すらキッチュなのかもしれない。建築が装飾を完全に脱ぎ捨て、コーディネーターにその仕事を明け渡すことが良いのかは疑問である。

さて、そうしたときに正義感を持って装飾をする方法が我々にはあるのだろうか。この建築は、その正義感を「くじ」に任せて外壁を装飾したものである。建築に少し「あそび」を取り戻したい。

 

Since some time or another, architecture discards decoration, and it’s being a white box. Architects start to feel guilty about decorating architecture. Aftereffect of postmodern and deconstruction is still left. Something insignificant in expression regards kitsch. However, even if it has some meaning, the meaning also might be kitsch. I doubt about architecture discards decoration perfectly and surrender that work to coordinators.

Now, do we have the way to decorate with the sense of justice at this time? In this architecture, we left the sense of justice to “lot” and decorated the outer wall. I’d like to take back sense of fun a little in architecture.